インサイダーという意識のないまま・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

インサイダー取引の続発を受け、東証もチェック機能強化に力を入れることを明らかにしていますが監視を行うのは東証だけでは足りません。
まず証券取引に関わっている人たち自身が、自らや自社の動きをチェックしなければいけません。
インサイダーという意識のないまま通常の「営業トーク」としてインサイダーが行われる可能性もあるのが現在の状態です。

現在「市場の番人」として市場の公平性や透明性を確保するべく役割を担っているのは証券取引等監視委員会になります。
必要があれば強制捜査や告発も行うことができる独立した機関であり、インサイダー取引以外に有価証券報告書の虚偽記載などにも目を光らせます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://greenfencefarm.com/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、pjが2013年12月26日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青森銀行のカードローン」です。

次のブログ記事は「アゴの部分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。